鷹匠1丁目商業発展会とは

鷹匠1丁目商業発展会は、
静岡市の中心市街地に位置する歴史ある商店街です。
静岡鉄道新静岡駅に隣接しており交通アクセスもよく、
近隣の文化施設である静岡市民文化会館、社会福祉会館や、
教育施設を結ぶ要路として発展してきた商店街です。
商店街ならではの個性と人情あふれる店舗が並んでおります。

〔アクセス〕
◆静岡鉄道 新静岡駅下車隣 北街道沿いの商店街
◆JR静岡駅下車 徒歩10分

〔商店街としてのテーマ〕
◆地域の学校とコラボレーションによる活性化
◆防犯カメラ・AED設置等により安心商店街を目指す
◆近隣商店街との連携による中心市街地活性化

〔沿 革〕
昭和21年 太平洋戦争終戦後、
       鷹匠1丁目地域に商店街が形成される。
昭和47年 環境整備事業で市内で先駆けてアーケード、
       タイル貼の歩道がが完成
平成17年 「粋な大人の鷹1発展会」を目指す
       まちづくりプラン策定
平成17年 5月21日 フリーマーケット鷹の市発足
平成17年 12月23日 環境整備事業着工 アーケード撤去、
             街路灯、日除けテント設置
平成18年 3月25日 環境整備事業竣工
平成19年 9月22日 駿府町一区発展会と
             フリーマーケット共同開催
平成25年 8月24日 第1回いかざぁ鷹匠駿府夏夜市を開催

鷹匠とは                               
鷹狩りのために鷹を飼いならす人。鷹使い。鷹飼い。鷹師。
静岡市の鷹匠は、徳川家康公ゆかりの地。
家康公に仕えた鷹匠たちが大勢住んでいたことに由来しています。
静岡市の中心市街地から程よい距離にあり、
駿府城公園からもすぐの場所。
駅前に隣接していながらも、静かで落ち着いた町並み、
路地には、個性溢れる隠れ家的なお店が数多く点在する
魅力的なエリアです。

歴史と文化のまち~静岡鷹匠